清瀬杯第47回 全日本大学選抜準硬式野球大会

平成27年9月10日 豊田球場 第1試合 兵庫県立大学-創価大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
兵庫県立大学 0 0 0 0 1 0 0 1
創価大学 3 0 1 1 0 6 × 11
(兵庫県立大学)  阪本、福田‐岡村
(創価大学)  鳥井(正)‐時任
[☆本塁打]  本田(兵)
[☆三塁打]
[☆二塁打] 田中(兵)、河村・片居木・藤原2(創)

初回後攻の創価大学が、長打を含む打者7人の猛攻で3点を獲得する。その後の回も点を重ね5-0で迎えた5回表、兵庫県立大5番本田のソロホームランで1点を返す。しかしその後、6回裏の創価大の攻撃、5本のヒットで6点を獲得し、11-1の7回コールドで創価大学が試合を制した。

IMG_2621 IMG_2675

平成27年9月10日 豊田球場  第2試合 松山大学-創価大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
松山大学 0 0 0 0 1 1 0 3 0 0 5
創価大学 0 0 3 0 0 0 1 0 1 1x 6
(松山大学)  近藤・中務・永吉-植田・小林
(創価大学)  米田・鳥井正・福田-時任
[☆本塁打] 片居木(創)
[☆三塁打]  河村2(創)
[☆二塁打]  小野吉(松)

試合が動き出したのは3回裏。創価大学の攻撃、4番片居木の2ランホームランなどで,この回3点を先制。3点を追う松山大学は5回表、2死1・2塁から9番植田のライト前ヒットで1点を返し、続く6回表には押し出しでさらに1点を追加。1点差に詰め寄る。創価大がリードを2点に広げ迎えた8回表、松山大学の攻撃。4番木内、5番香西の二連打等で無死満塁とすると、7番小野(吉)の二点適時打により4-4の同点。更にパスボールで1点を加え、5-4と逆転に成功。追う創価大学は、9回裏、先頭の1番河村が3塁打で出塁すると、2番時任の適時打で同点、規定によりタイブレークでの延長に持ち込む。創価大学は10回表の守備を無失点で切り抜け迎えた裏の攻撃、二死満塁から7番木村が執念の内野安打。劇的なサヨナラ勝ちをおさめ、準決勝へと駒を進めた。

IMG_2835 CIMG0055

IMG_2732

 

 

76 total views, 2 views today