2017/全関東選抜2年ぶり15回目の優勝(第35回9ブロック大会)

第35回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会は、最終日の26日(日)準決勝1試合と決勝戦が行われ、全関東選抜チームが2年ぶり15回目の優勝を飾りました。

11月26日 倉敷マスカット球場 決勝戦 全九州選抜-全関東選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全九州選抜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
全関東選抜 2 0 0 0 0 0 0 0 x 2
(全九州) 力武・大西 ー 藤原・峯
(全関東) 服部・黒須ー 木村
[本塁打]
[三塁打] 森(全九州)、天本(全関東)
[二塁打] 野口(全九州)、端岡(全関東)
[戦評]  全関東は、初回の2点を服部・黒須の継投で切り抜け、15回目の優勝を飾った。準優勝の全九州も得点圏にランナーを出すが、あと一歩及ばなかった。

優勝:全関東選抜

準優勝:全九州選抜

11月26日 倉敷マスカット球場 準決勝  全関東選抜-B全中国選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全関東選抜 0 0 3 2 0 0 0 0 0 5
全中国選抜 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
(全関東)  山口・森園・杉本 ー 山下
(全中国)  渡部・安谷屋・藤岡・重松 ー 森川
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  天本・鈴木(全関東)
[戦評]  全関東は、4回までに5得点したが、全中国も5回に2点を返し反撃したが、全関東に寄り切られた。

 

 

 

2017/第35回9ブロック大会 予選リーグ結果

11月25日(土)に行われた、第35回9ブロック大会の予選リーグ戦の結果を掲載します。

◎11月25日(土)
Aゾーン(倉敷マスカットスタジアム)

11月25日 倉敷マスカット球場 第1試合 全北海道-全北信越
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全北海道 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2
全北信越 0 0 1 0 0 0 1 5 x 7
(全北海道) 渡邉・堀ー小森
(全北信越) 佐々木・森ー小林
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]

 

11月25日 倉敷マスカット球場 第2試合 全北海道-全中国
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全北海道 0 0 0 3 1 0 0 1 0 5
全中国 0 0 3 1 0 0 0 0 1 5
(全北海道) 菅原・鈴木・大北・平澤・渡部ー米澤・歳桃
(全中国) 重松・渡部・島田ー森川
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 菅原・米澤(北海道)、葉山・西尾(中国)

 

11月25日 倉敷マスカット球場 第3試合 全北信越-全中国
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全北信越 1 0 0 0 0 0 0 0 2 3
全中国 1 0 0 0 2 0 1 1 x 5
(全北信越) 高村・帯刀・加賀田・水野ー小川
(全中国) 塩見ー森川
[本塁打]
[三塁打]  中久(中国)
[二塁打]  岩見(中国)

 

Bゾーン(岡山県営球場)

11月25日 岡山県営球場 第1試合 全東海–全九州
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全東海 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
全九州 0 0 1 1 0 1 0 0 x 3
(全東海) 天野・水谷・松井ー岩塚
(全九州) 宮城・岩田ー峯
[本塁打]  神保(九州)
[三塁打]
[二塁打]  苅谷(東海)

 

11月25日 岡山県営球場 第2試合 全東北–全東海
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全東北 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
全東海 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
(全東北) 南部・高田・関・菅原–齋藤・伊藤
(全東海) 石川・川村・安江・水谷・真栄城–野村・岩塚
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]

 

11月25日 岡山県営球場 第3試合 全九州–全東北
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全九州 0 1 0 0 4 6 1 12
全東北 0 0 0 1 0 0 0 1
(全九州) 赤司・澤田・乙丸–武井・藤原
(全東北) 鈴木・伊東・関・南部・小笹・菅原
–齋藤・武田・伊藤
[本塁打]
[三塁打]  堺・田口(九州)
[二塁打]  田口2・野口・大川内・吉村(九)
[戦評] 東北選抜の小笹投手は、9ブロック大会では初の女子投手で、強豪九州選抜チームを相手に力投した。

力投する東北選抜小笹投手

Cゾーン(倉敷マスカット補助球場)

11月25日 倉敷マスカット補助球場 第1試合 全四国–全関東
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全四国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
全関東 1 0 0 3 0 0 0 1 x 5
(全四国) 北川・赤松–植田
(全関東) 割石・杉本・小幡–山下
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]

 

11月25日 倉敷マスカット補助球場 第2試合 全四国–全関西
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全四国 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
全関西 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
(全四国)  赤松・長野・北川–植田
(全関西)  里見・大地・高畑・菅–川端・川田・藤本
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  吉住(四国)、山形(関西)

 

11月25日 倉敷マスカット補助球場 第3試合 全関西-全関東
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全関西 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
全関東 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
(全関西)  富永・岡本・古澤–川田・川端
(全関東)  黒須・服部・森園・山口–木村
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/第35回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会 開会式

11月24日(金)、岡山県倉敷マスカットスタジアムで「第35回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会が開会しました。

オール北海道

オール東北

オール関東

オール北信越

オール東海

オール関西

オール四国

オール九州

オール中国

松岡大会委員長

宮内大会会長

太田中国地区連盟会長

オール中国 森川主将

 

 

2017/清瀬杯第49回全日本大学選抜準硬式野球大会_決勝

 

9月7日 決勝戦 大阪シティ信用金庫スタジアム
1 2 3 4 5 6 7 8 9
福岡大学 0 0 1 2  0  0  0  0  0 3
明治大学 0 0 0 0  3  0  0  1X 4
(福岡)  前野・大曲・石岡ー峯
(明治)  中里ー金子・奥居
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  谷合(明)
[戦評] 福岡大は3回表、2番荒木のスクイズで先制。4回にもエラーで2点追加。6回裏、明治大は1番竹村、2番久保田の連続タイムリーなど、ヒット4本の猛攻で同点に追いつく。9回裏、明治大学は先頭の谷合が2塁打で出塁し、福岡大は1死3塁から敬遠策を講じる。最後は4番松原の犠飛で明治大がサヨナラ勝ちで優勝を収めた。福岡大も健闘したが、粘りきれず明治大の勝負強さが上回った。

[写真]

2017/清瀬杯第49回全日本大学選抜準硬式野球大会_準決勝

 

9月6日 準決勝 南港中央野球場
1 2 3 4 5 6 7 8 9
専修大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
福岡大学 0 1 1 0 0 0 0 0 2
(専修大学)  阿部拓ー神山
(福岡大学)  大曲・石岡ー峯
[本塁打]
[三塁打]  荒木(福)
[二塁打]  大野(専)、峯(福)
[戦評] 福岡大学が2回3回に得点を入れ2対0。4回からは投手戦となり、専修大学打線と福岡大学打線は、7回まで幾度とチャンスを作るもあと一歩本塁が遠く得点できず。9回に専修大学の5番大野・6番代打小林の連打でチャンスを作るが得点ならず試合終了。

[写真]

 

9月6日 準決勝 大阪シティ信用金庫スタジアム
1 2 3 4 5 6 7 8 9
明治大学 1 0 1 0 1 1 1 0  0 5
京都産業大学 0 0 0 0 0 0 0  0  0 0
(明治大学)  服部ー奥居
(京都産業)  藤本ー土井
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  小泉・中村潤(明)
[戦評]  両チーム共にダブルヘッダーとなった3試合目。明治大学は初回、2番と3番がヒットで出塁すると5番小泉のレフト前ヒットで先制する。3回にもヒットを重ねて得点を決める。5・6・7回にも着実に点数をとり相手投手を攻め立てた。京産大も9安打を放ちチャンスを何度も作ったが1点が遠い試合となった。

[写真]

2017/清瀬杯第49回全日本大学選抜準硬式野球大会_準々決勝

 

 

 9月6日 準々決勝 大阪シティ信用金庫スタジアム 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海大学札幌校 0 0 0 0 0 0 0
明治大学 0 0 0 0 0 1X
(東海札幌)  藤原ー宗山
(明治大学)  篠原・石崎ー金子
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  池内(東)、多々野(明)
[戦評]  初回、明治大が先発投手を攻めヒットとエラーで2得点。2回、東海大札幌が3連打を含む猛攻で同点に追いつくもその裏、ヒットなどで勝ち越しを許す。6回に明治大が1点を追加し、8回に東海大札幌が同点に追いついた。9回裏、明治大が犠牲フライでサヨナラ勝利となった。ヒット数は東海大札幌が上回るも明治大がシーソーゲームを制した。

[写真]

9月6日 準々決勝 大阪シティ信用金庫スタジアム 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
京都産業大学 4 0 2 0 0 0 0 0 0 6
東北学院大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(京都産業)  飯田ー土井
(東北学院)  八鍬・関・髙橋ー斉藤
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  本田・山田(京)、久保田・佐藤(東)
[戦評] 初回、京産大は4連打を含む打者9人の猛攻で一挙4得点。3回表にもヒットや送りバントでチャンスを作り2得点。東北学院も何とか粘りを見せようとするが京産大の先発、飯田が相手打線を4安打完封に抑え京産大の勝利。両チームともノーエラーで試合を運び非常に引き締まった試合となった。

[写真]

2017/清瀬杯第49回全日本大学選抜準硬式野球大会_準々決勝

9月6日 準々決勝 南港中央野球場 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
滋賀大学教育学部 0 0 0 0 0 0 0 0
専修大学 0 0 0 0 x
(滋賀教育)  福條ー森田・松原
(専修大学)  山口・岡本和ー大野
[本塁打]
[三塁打]  岡本充(専)、大蔵(滋)
[二塁打]  五十嵐・今坂(専)
[戦評] 初回、専修大学打線が滋賀教育の福條の立ち上がりを攻め4点を先取。4回に相手チームのミスが絡み1点を返し反撃のチャンスをつくるも専修大学の山口・岡本和に抑えられ得点ならず。

[写真]

9月6日 準々決勝 南港中央野球場 第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
横浜国立大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
福岡大学 0 0 0 0 0 x
(横浜国立) 佐々間ー赤堀
(福岡大学) 前野ー峯
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 澤田(横)、中島・荒木(福)
[戦評] 初回に福岡大学が4番縄田のタイムリーで先制。その後6回に8番峯、7回に荒木のタイムリーで追加点を加え福岡大学の勝利。投げては、福岡大学の前野が0点に抑える好投をみせた。

[写真]

2017/清瀬杯第49回全日本大学選抜準硬式野球大会_1回戦

9月5日(火)、1回戦が大阪シティ信用金庫スタジアム、南港中央野球場、住之江公園野球場で行われました。試合結果は、下記のとおりです。

9月5日  第1回戦 大阪シティ信用金庫スタジアム  第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
専修大学 0 0 0 0 0
金沢大学学校教育学類 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(専修大学)  岡本和・山口・塚越・阿部拓ー神山・黒川
(金沢大学)  早川・川崎・角澤ー黒詰
[本塁打]
[三塁打]  上野(専)
[二塁打]
[戦評] 専修大学は2回表2死満塁から9番岡本の右前適時打で2点を先制すると,その後上野の三塁打が飛び出しも小刻みに得点を重ねた.金沢大学は継投策の専修大投手陣を打ち崩すことができなかった.

[写真]

9月5日 第1回戦  大阪シティ信用金庫スタジアム  第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
滋賀大学教育学部 0 0 0 0
広島修道大学 0 0 0 0 0 0 0 0
(滋賀教育)  福條ー小川
(広島修道)  重松・丸田ー森川
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  三ツ井(滋)
[戦評] 滋賀大教育は初回に先制を許すも,5回表に3番三ツ井の中越え二塁打で逆転.先発福條は,相手打者の打球が右膝に直撃するアクシデントがあったが最後まで投げ切った.

9月5日  第1回戦 大阪シティ信用金庫スタジアム  第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
福岡大学 0 0 0 0 0 0 0 0
大阪大学 0 0 0 0 0 0 0 0
(福岡大学)  石岡ー峯
(大阪大学)  高畑ー相澤
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  中島・荒木(福)
[戦評] 福岡大学は1番中島の左前打,2番荒木の左中間二塁打で4点を先制.大阪大学は5回に1番三和の右前適時打で1点を返し,反撃を試みるが,その後の好機を活かせず福岡大学の石岡を攻略することができなかった。

9月5日 南港中央野球場 第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
徳島文理大学 0 0 0 0 0 0 0
明治大学 0 0 0 0 0 x
(徳島文理)  一二ー上良
(明治大学) 中里・石崎ー金子・中村・奥井
[本塁打]
[三塁打] 松原・小泉(明治)
[二塁打] 多田野・金子(明治) 一二(徳島文理)
[戦評] 1回に明治大学の松原のタイムリー、2回相手のミスが絡み1点づつ得点。徳島文理大学が反撃に5回に一二のツーベースと相手のミスで1点、6回に四球とヒットで2対2と追いつく。7回に明治大学の代打・小泉が三塁打を皮切りに逆転。両チーム粘りの投球で明治大学が競り勝った。

[写真]

9月5日 南港球場 第2試合 長崎県立大学-東海大学札幌校 (※延長12回)
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 小計
長崎県立大学 1 0 0 0 0 1 0 0 1 0 3
東海大学札幌校 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3
Team 11 12 13 14 15
長崎県立大学 0 2 5
東海大学札幌校 0 3x 6
(長崎県立大学)  吉永・岩田ー羽田
(東海大学札幌校)  鈴木ー宗山
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 羽田(長崎県立)  池内・中村・藤田(東海大)
[戦評]  初回に長崎県立が先制。5回に東海大が逆転し1対3。長崎県立が6回に1点を返し、9回に相手のミスが絡み3対3と延長戦に。12回表からタイブレークに。長崎県立大が犠牲フライと押し出し四球で2点追加。その裏、東海大8番代打の藤井くんのサヨナラタイムリーで5対6で試合終了。

[写真]

9月5日  第1回戦 南港中央野球場  第3試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
愛知大学 0 0 0 0 0 0 0
京都産業大学 0 0 0 0 0 0 x
(愛知大学)  石川ー長谷川・大木
(京都産業)  藤本ー土井
[本塁打]
[三塁打]  土井(京)
[二塁打]  高野(京)、水野(愛)
[戦評]  愛知大学が3回に先制。その後、7回に愛知大学が追加点を入れると、その裏にヒットと相手のエラーで同点に追いつく。8回に京都産業の代打山田くんのタイムリーが決勝点となり、2対3で京都産業の勝利。

[写真]

9月5日 第1回戦 住之江公園野球場  第1試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本福祉大学 0 0 0 0 0 0
横浜国立大学 0 0 0 0 0 0 0 x
(日本福祉) 笹谷・大島・岩田・仲野ー谷川
(横浜国立)  佐久間・大関・佐久間ー赤堀
[本塁打]  藤吉(横)、岡田(日)
[三塁打]
[二塁打]  佐久間(横)、夏目・谷川2(日)
[戦評]  日本福祉大と横浜国立の両右腕の投げ合いで試合が始まる。3回表、横浜国立は一死満塁のピンチをしのぐ。その裏5番藤吉の満塁ホームランなどで一挙8点。日本福祉大は7回に長打2本などで2点を返し、8回に3番岡田のソロホームランで1点、9回に4点返すが一歩及ばなかった。

[写真]

9月5日 第1試合  住之江公園野球場  第2試合
1 2 3 4 5 6 7 8 9
創価大学 0 0 0 0 0
東北学院大学 0 0 0 x
(創価大学)  米田・塩田ー鳥井
(東北学院)  伊東・遠藤・高橋潔ー斎藤
[本塁打]  丸本(創)
[三塁打]
[二塁打]  片居木(創)、高橋浩(東)
[戦評]  創価大は立ち上がりを攻め2点を先制。その裏、東北学院が1点を返す。3回東北学院は押し出し四球で同点に。4回表創価大学は8番丸本のソロホームランで勝ち越し。その裏、東北学院が相手のエラーなどにより2点を取り逆転。東北学院が逃げ切り試合終了。

[写真]

2017/~全国大会の裏側で~

文部科学大臣杯第69回全日本選手権大会が行われるにあたり、多くのスタッフの方に支えていただきました。スピーディーな試合進行に協力していただいた審判員の方々、陰ながら大会を支えてくださった女性スタッフの方々、学生委員長の吉住君を始めとした学生スタッフ、マネージャー達の懇親的な支えがあったからこそ、素晴らしい大会となりました。

大会を通じて、四国の魅力に触れました。大会主催地、高松の美しい街並みや、人のあたたかみが特に印象に残っています。期間中関わらせていただいた大会関係者の方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。本年度学ばせていただいたことを来年の関東主管の第70回大会に活かすことができるよう、尽力致します。

全日本大学準硬式野球連盟学生委員

早稲田大学3年 斎藤隆平

日本大学2年 大庭丈一郎

笑顔がステキなレクザムのキャンディーズ(左から丸吉さん、箕田さん、山中さん)

四国が誇る優秀なマネージャーさんたち

大会関係者の方々と学生のファシリテーターを務めた学生委員長の吉住君と副委員長の松田君(左、松田君 右、吉住君)

この度全国大会の記録ブログを担当させていただいた(左、大庭 右、斎藤)です。この度は全日本大会に携わらせていただき、幸せでした。拙い文章でしたが、最後までご愛読いただきありがとうございました。