タグ別アーカイブ: 関東地区大学準硬式野球連盟

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 2回戦 関東学院大学対名城大学 天竜球場

8月21日 天竜球場 第1試合 関東学院大学ー名城大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
関東学院大学 0 0 0 0 0 0 0
名城大学 0 0 0 0 0 0
(関東学院大学) 野口・森園ー石口
(名城大学) 久保・柴田・常本・吉田・川瀬ー青木・角谷
[本塁打]
[三塁打] 黒田(関東学院)
[二塁打] 清野、青木(名城)
[戦評] 関東学院大学が相手投手の立ち上がりを攻め、試合の主導権を握った。後半、名城大学が追い上げるも、関東学院大学がリードを守り切り勝利した。

[写真]

 

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 2回戦 法政大学対北星学園大学 浜北球場

8月21日 浜北球場 第1試合 法政大学-北星学園大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
法政大学 0 5 6 1 0 0 0 12
北星学園大学 0 0 0 0 0 0 1 1
(法政大学) 西村・渡邊ー乘松・藤江
(北星学園大学) 宮崎・大北・西川ー小森
[本塁打] 鳴川(法政)
[三塁打] 牧野(北星)
[二塁打]
[戦評] 法政大学は2回、相手のミスを誘い5番鎌田のタイムリーなどで、一挙5得点。続く3回も鳴川のホームランなどで序盤に主導権を握る。投げては西村、渡邊の継投で3安打に抑えた。

[写真]

 

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 2回戦 新潟大学医学部対甲南大学 浜松球場

8月21日 浜松球場 第2試合 新潟大学医学部ー京都産業大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新潟大学医学部 0 0 0 0 0 0 0 0
甲南大学 0 0 0 × 10
(新潟大学医学部) 中村ー小川
(甲南大学) 笈西・林田・奥野ー川田・萩野
[本塁打]
[三塁打] 川田(甲南)
[二塁打] 川北、安藤(新潟)・首藤、三重野(甲南)
[戦評] 先制したのは甲南大学。4番首藤のスリーベースヒットなどで4点を先制した。その後も点数を重ね、5回までで8点を取る。対する新潟大医学部は7回に連打で1点を取るが、後が続かなかった。甲南大学が笈西を初めとする見事な継投で抑え3回戦にコマを進めた。

[写真]

 

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 2回戦 群馬大学荒牧対京都産業大学 浜松球場

8月21日 浜松球場 第1試合目 群馬大学荒牧ー京都産業大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
群馬大学荒牧 0 0 0 0 0 0 0
京都産業大学 0 0 0 0 0 ×
(群馬大学荒牧) 石田・加部・木暮ー大崎
(京都産業大学) 吉井・西村太・山下ー土井
[本塁打]
[三塁打] 髙野2(京産)
[二塁打] 丹野、大崎(群馬大学荒牧)、土井(京産)
[戦評] 初回、京都産業大学は3本の長打で3点を入れると、5回までに7点を入れ、群馬大学荒牧を大きく突き放す。一方、群馬大学荒牧は吉井に7回4安打におさえられる。終盤に2点を返すも逆転とまでは至らなかった。

[写真]

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 2回戦 中京大学対東洋大学 浜北球場

8月21日 浜北球場 第2試合 中京大学-東洋大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
中京大学 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
東洋大学 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
(中京大学) 松井・黒住ー牧
(東洋大学) 割石・木村ー多田
[本塁打]
[三塁打] 村上(中京)、印南(東洋)
[二塁打]
[戦評] 投手戦となったこの試合、均衡を破ったのは、6回中京大学が内野安打でランナーをため、4番村上の適時三塁打で先制。続く5番山崎の内野安打で一点追加する。反撃したい東洋大学は四球でランナーをため、代打井上の犠牲フライで一点を返す。猛攻を見せるも中京大学の松井、黒住の前にあと1本が出なかった。

[写真]

 

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 1回戦 大阪経済大学対法政大学 菊川球場

8月20日 菊川球場 第1試合  大阪経済大学ー法政大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪経済大学 0 0 0 0 0 2 0 0 3 5
法政大学 0 0 0 0 0 4 0 0
(大阪経済大学) 千葉・崎山ー関
(法政大学) 竹内・尾崎・石橋(錬)ー乘松
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 中田(大)・石橋(優)(法)
[戦評] 6回表に大阪経済大が先制点をあげるが、法政大もその直後一死満塁から4番石橋の二塁打で逆転。大阪経済大は9回表に3点を入れ勝ち越すが9回裏に法政大は満塁から四球で同点とし、5番鎌田の右安打でサヨナラ勝ち。

[写真]

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 1回戦 広島大学対東洋大学 菊川球場

8月20日  菊川球場  第2試合  広島大学-東洋大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島大学 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
東洋大学 3 2 1 0 2 0 2 0 0 10
(広島大学) 中田・渡部ー藤田
(東洋大学) 瀬下・割石・岡澤ー多田
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 井手(広)・伊藤(東)・若原(東)・犹守(東)
[戦評] 初回に広島大が2点をあげるが東洋大がその裏に四死球や安打ですぐに逆転。2回裏にも4安打で追加点をあげる。その後は東洋大は失点を許さない投手リレーで勝利。

[写真]

 

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 1回戦 創価大学対甲南大学 天竜球場

8月20日 天竜球場 第2試合 創価大学-甲南大学
1 2 3 4 5 6 7
創価大学 0 0 0 0 0 0 0 0
甲南大学 0 0 1 0 3 0 10×(7回コールド)
(創価大学) 岸添ー田中
(甲南大学) 大地ー川田
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 黒田・井上(創)、石原・首藤(甲)
[戦評] 甲南大学が常に主導権を握った試合になった。攻撃では機動力を駆使しチャンスを広げ、ここぞの勝負強さが光った。投げては先発大地が創価打線を無失点に抑え込み、7回コールドで勝利した。

[写真]

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 1回戦 群馬大学荒牧対九州共立大学 天竜球場

8月20日 天竜球場 第1試合 群馬大学荒牧-九州共立大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
群馬大学荒牧 0 0 3 0 0 2 1 3 0 9
九州共立大学 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
(群馬大学荒牧) 石田・小暮ー大崎
(九州共立大学) 有吉・橋内・足立ー岡本・久保
[本塁打]
[三塁打] 吉田(群)
[二塁打] 丹野②(群)・真下・大崎(群)、吉村(九)
[戦評] 群馬大学荒牧が相手投手陣を攻め、長・短打を絡めコンスタントに得点を重ねた。投げては石田、小暮がキレのあるボールを投げ込み、バックの好守も光り相手打線を2失点で抑え、勝利した。

[写真]

 

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 1回戦 同志社大学対福岡大学 浜北球場

8月20日 浜北球場 第2試合 福岡大学-同志社大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
福岡大学 0 0 0 2 2 0 1 0 0 5
同志社大学 0 0 0 0 0 0 0 4 0 4
(福岡大学) 大曲-峯
(同志社大学) 富永・内藤ー澤村
[本塁打] 宮地(福)
[三塁打] 宮田(福)・宮地(福)
[二塁打] 佐藤大(同)・烏田(同)・加藤(達)(同)×2
[戦評] 4回、福岡大学の4番宮地の本塁打で先制。続く5回も宮地の本塁打などで追加点を挙げ優位に試合を進める。しかし、8回裏、同志社大学が連打と四球を絡め一挙4点を奪い反撃を見せるが、福岡大学大曲が粘りを見せ接戦を制した。

[写真]