文部科学大臣杯第72回全日本大学準硬式野球選手権大会と瀬杯第52回全日本大学選抜準硬式野球大会の中止のご連絡

残念ながら中止となりました。詳細はこちらでご確認ください。

訂正とお詫び

第71回選手権大会の記録におきまして、不備が多々ありましたことをお詫びいたします。
記事は修正いたしました。
もし他にも何かお気づきの点がありましたら、どうぞお知らせくださいますようお願いいたします。

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 決勝 九州産業大学対中京大学 浜松球場

8月25日 浜松球場 決勝 九州産業大学-中京大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
九州産業大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中京大学 0 0 0 1 0 0 0 0 × 1
(九州産業大学) 宮城-藤原
(中京大学) 松井-牧
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 野口(九)
[戦評] この記念大会最終日は、両校の意地がぶつかり合う決勝戦となった。両チームともエースが先発し、お互い最後まで緊迫の中で行われたが上位打線がチャンスを作り、好機を掴み取った中京大学が12年ぶり8回目の優勝を飾った。

[写真]

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 準決勝 中京大学対甲南大学 浜北球場

8月23日 浜北球場 準決勝 中京大学-甲南大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
中京大学 0 0 0 0 0 0 0 0
甲南大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(中京大学) 松井、速水(9回)ー牧
(甲南大学) 大地ー川田
[本塁打]
[三塁打] 村上(京)
[二塁打] 大塚(京)、石原(甲)
[戦評] この準決勝は、台風の影響で試合会場を2つに分けた所から試合が始まった。本大会勢いに乗る甲南大学2年生エース大地は、雨の影響からいつもの投球が出来ず敗戦した。勝利した中京大学は12年ぶりの優勝を明日狙う。

[写真]

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 準決勝 九州産業大学対中央大学 浜松球場

8月23日 浜松球場 準決勝 九州産業大学-中央大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
九州産業大学 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2
中央大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(九州産業大学) 力武ー藤原
(中央大学) 大澤ー千葉
[本塁打] 森(九)
[三塁打]
[二塁打] 山本(哲)・石津(九)
[戦評] 2回に九州産業大は森の本塁打で先制する。3回途中で雨が激しくなり1時間以上の中断となったが、その影響を見せることなく投手力武が中央打線を3安打無失点で抑える。中央大は後半にチャンスを作るもあと1本が出ずに惜しくも敗戦した。

[写真]

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 準決勝について

明日(8月23日)の準決勝は、台風の関係により球場と試合時間を変更致します。以下の通りです。

〇浜松球場 9:30

九州産業大学 対 中央大学

〇浜北球場 9:30

甲南大学 対 中京大学

以上の様に2球場にて1試合ずつ行われます。

2018/文部科学大臣杯第70回全日本大学準硬式野球選手権大会 準々決勝 京都産業大学対甲南大学 浜北球場

8月22日 浜北球場 第2試合 京都産業大学-甲南大学
1 2 3 4 5 6 7 8 9
京都産業大学 0 0 0 0 0 0 1 2 0 3
甲南大学 1 0 5 1 0 0 1 0 × 8
(京都産業大学) 吉井・山下・木村ー土井・藤野
(甲南大学) 大地ー川田
[本塁打] 木部(京)
[三塁打]
[二塁打] 礒野(京)・山形(甲)
[戦評] 甲南大学は初回に先取点を取り、主導権を握ると、3回には押し出しやワイルドピッチなど相手のミスから5点を追加し、この試合の勝敗を分ける大きなイニングとなった。京産大も後半には、伏兵の木部が代打2ランホームランで追い上げるも、反撃はここまで。エース大地の活躍がひかり8-3で甲南大学が勝利した。

[写真]