カテゴリー別アーカイブ: 9ブロック対抗準硬式野球大会

2016/第34回全日本大学9ブロック対抗戦試合結果

◎11月18日(金)~20日(日)の3日間、佐賀県嬉野市総合運動公園野球場をメイン会場に、全国9地区の選抜チームが熱戦を繰り広げました。

優勝は、地元「全九州選抜チーム」が8年ぶり6度目の優勝を遂げました。
惜しくも準優勝は、「全東北選抜チーム」で、ワイルドカードから勝ち上がっての健闘でした。

s0021561

dscf1585 dscf1587

dscf1599 dscf1602

 

試合結果は次のとおりです。

【予選リーグ:11月19日(土)】

[Aブロック]

11月19日 みゆき球場 第1試合 全関西選抜-全北海道選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全関西選抜 0 0 0 0 0 0 0
全北海道選抜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(全関西)  富永・小川・壷坂・古澤 川田
(全北海道)  沼口・渡邊・関口・坂口 米澤・岩間
[本塁打]
[三塁打]  坂枝(全関西)
[二塁打] 山口(全関西)、舘(全北海道)

 

11月18日 みゆき球場 第2試合 全北海道-全東北
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全北海道選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
全東北選抜 0 0 0 10
(全北海道)  井澤・大北・藤原・山本・渡邊 小森
(全東北)  菅原・山上
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]
[コールド] 7回コールド

 

11月19日 伊万里国見台球場 第4試合 全関西-全東北
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全東北選抜 0 0 0 0 0 0 0 0 0
全関西選抜 0 0 0 0 0 0
(全東北)  南部・佐藤・遠藤・高橋・小山内・伊藤 薄・高橋
(全関西)  酒井・菅・藤本・村上 松浦・南・川口
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  小澤(全東北)
[球場変更]  球場を伊万里国見台球場に移しての試合。

 

[Bブロック]

11月19日 鹿島市民球場 第1試合 全北信越選抜-全関東選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全北信越選抜 0 0 0 0 0 0 0
全関東選抜 0 0 0 0 x
(全北信越)  森・佐々木 ー 小林
(全関東)  黒須・茂木・片山 ー 有賀・田中
[本塁打]  笹井(関東)
[三塁打]  大村(関東)
[二塁打]  西井・小林3(北信越)、有賀(関東)

 

11月19日 鹿島市民球場 第2試合 全北信越選抜-全東海選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全北信越選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
全東海選抜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(全北信越)  中村・鈴木 ー 西川
(全東海)  天野・佐飛・原田・中間・庄村 ー 竹内・松本・近藤
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  澤邉・古戸(北信越)

 

11月19日 鹿島市民球場 第3試合 全関東選抜-全東海選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全関東選抜 0 0 0 0 0 0 0
全東海選抜 0 0 0 0 0 x
(全関東)  山口・木下 ー 有賀・田中
(全東海)  後藤・菅原・石川 ー 牧
[本塁打]
[三塁打]  笹井(関東)
[二塁打]  加納・山田2(東海)

 

【Cブロック】

11月19日 伊万里国見台球場 第1試合 全九州選抜-全四国選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全九州選抜 0 0 0 0 0 11
全四国選抜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(全九州選抜)  赤司・横尾 ー 東
(全四国選抜)  吉住・筒井 ー 植田
[本塁打]  渡嘉敷(九州)
[三塁打]  野口・本田(九州)
[二塁打]  河原・城間(九州)

 

11月19日 伊万里国見台球場 第2試合 全中国選抜-全四国選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全中国選抜 0 0 0 12
全四国選抜 0 0 0 0 0 0
(全中国選抜)  島田・桃田・丸田 ー 河津・中川・森川
(全四国選抜)  畑中・中務・香西 ー 植田・中村
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  岩見・浜本・葉山(中国)
 [コールド]  8回コールドゲーム

 

11月19日 伊万里国見台球場 第3試合 全九州選抜-全中国選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全中国選抜 0 0 0 0 0 0 0
全九州選抜 0 0 0 0 0 0 1x
(全中国選抜)  塩見・蓮野 ー 森川
(全九州選抜)  石岡・宮城・田中・前野・鈴木 ー 山下・東
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]  中島(九州)

 

◎11月20日(日)

【準決勝】

11月20日 みゆき球場 第1試合 全関西選抜-全九州選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全関西選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
全九州選抜 0 0 0 0 0 0 x
(全関西選抜)  富永・藤本・古澤 ー 松浦
(全九州選抜)  合木・宮城 ー 東
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打]

 

11月20日 鹿島市民球場 第1試合 全東海選抜-全東北選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全東北選抜 0 0 0 0 0 0 0
全東海選抜 0 0 0 0 0 0 0
(全東北選抜)  菅原洋・南部・後藤・遠藤・山上・高橋・小山内 ー 薄
(全東海選抜)  後藤・佐飛・原田・庄村・中間・菅原快・天野・石川 ー 牧・松本
[本塁打]  薄(東北)
[三塁打]  川口(東海)
[二塁打]  木村・薄(東北)

 

【決勝戦】

11月20日 みゆき球場 第2試合 全九州選抜-全東北選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全九州選抜 0 0 0 0 0 0
全東北選抜 0 0 0 0 0 0 0
(全九州選抜)  前野・田中・赤司 ー 山下
(全東北選抜)  伊藤・山上・佐藤・南部・遠藤・高橋・菅原洋・小山内 ー 薄
[本塁打]
[三塁打]  及川(東北)
[二塁打]  野口(九州)
[戦評]  全九州選抜 8年ぶり6回目の優勝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015/第33回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会 結果

優    勝 全関東選抜
準優勝 全関西選抜

◎11月14日(土)
【予選リーグ】
Aゾーン

11月14日 香川県営第1野球場 第1試合 全東海選抜-全北信越選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全東海選抜 0 0 0 2 2 0 0 0 0 4
全北信越選抜 1 0 0 0 0 0 0 2 0 3
(全東海選抜)  原田・仲宗根・柳・西村・山田美・二村 ー 受川・浅野
(全北信越選抜) 和田・藤本・北浜 ー 島守
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 山岸(北信越)
[戦評]
11月14日 香川県営第1野球場 第2試合 全中国選抜-全北信越選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全中国選抜 1 0 0 0 1 1 0 0 0 3
全北信越選抜 1 0 0 0 0 1 0 2 4
(全中国選抜) 岩崎・森田・穴見・重松 ー 森川
(全北信越選抜) 久保田・鈴木・柳澤 ー 降幡
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 桃原・坪井・鶴・持田(中国)、馬場(北信越)
[戦評]

 

11月14日 香川県営第1野球場 第3試合 全中国選抜-全東海選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全東海選抜 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
全中国選抜 0 0 2 0 0 2 0 0 0 4
(全東海選抜) 庄村・仲宗根・菅原 ー 浅野・受川
(全中国選抜) 塩見 ー 森川
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 永田(東海)
[戦評]

 

Bゾーン

11月14日 香川県営第2野球場 第1試合 全関東選抜-全関西選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全関西選抜 0 0 0 2 0 0 0 1 0 3
全関東選抜 0 0 1 0 0 0 0 0 3x 4x
(全関西選抜) 村上・山口瑞・壷坂・藤本 ー 中小路
(全関東選抜) 末次・杉浦・田野 ー 松下・田中
[本塁打]
[三塁打]
[二塁打] 中小路・髙野・山口翔・岡本(関西)、藤口・高橋(関東)
[戦評]

 

11月14日 香川県営第2野球場 第2試合 全関西選抜-全北海道選抜
1 2 3 4 5 6 7 8 9
全関西選抜 2 0 6 1 3 0 0 16
全北海道選抜 2 0 0 1 1 0 0 4
(全関西選抜) 香川・酒井・藤本 ー 網田・川田
(全北海道選抜) 西村・大北・坂口・渡邉・芦野 ー 波方・小森
[本塁打] 小川(関西)、沼口(北海道)
[三塁打] 塩路・山岡(関西)
[二塁打] 川田・中川(関西)
[戦評]

 

 

 

 

 

2014/第32回全日本大学9ブロック大会の新聞記事

先月、舞洲ベースボールスタジアム他で行われました、「第32回全日本大学9ブロック対抗準硬式野球大会」が、産経新聞の大阪版に掲載されていましたので、遅くなりましたが掲載させて頂きます。

記事は、15日(土)と18日(月)の朝刊に載っていました。
下記の〈141115産経新聞記事〉をクリックして下さい。

よろしくお願いいたします。

141115産経新聞記事

2014/第32回全日本大学9ブロック対抗大会・閉会式(11/16) 

優  勝 全関東選抜(2年ぶり13回目)
準優勝 全九州選抜

優勝した関東選抜チーム

準優勝した九州選抜チーム

優勝の関東選抜南貴文主将

優勝の関東選抜チーム南貴文主将

準優勝の九州選抜チーム西田侑矢主将

準優勝の九州選抜チーム西田侑矢主将

井野大会会長による金メダル授与

井野大会会長による金メダル授与

石井副会長による準優勝メダルの授与

石井大会副会長による準優勝メダル授与

監督の胴上げシーン

IMG_3192

関東選抜チームの団長・監督・コーチ(右から)

2014/第32回全日本大学9ブロック対抗大会・決勝トーナメント(決勝)

11月16日 舞洲ベースボールスタジアム 試合開始:13時10分 試合終了:15時25分
1 2 3 4 5 6 7 8 9
九州選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
関東選抜 0 1 0 0 0 X
(九州) 田代・今西・的野 ー 水田
(関東) 河合・大竹 ー 山路
[二塁打] 宇野・田形(関)
九州選抜 関東選抜
位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死 位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死
(9) 樋口 (7) 伊藤
(6) 西田 (4)・5 久保田
(3) 宮本 (5) 竹林
(DH) 久保田 榛葉
(5) 河野 (3) 田形
(8) 久貝
(2) 水田 (DH) 安藤
内野 (2) 山路
R 青佐 (6)・4 松本
(7) 高野 (9) 宇野
(4) 日高 立和野
H 中島 (8) 田中
36 10 38
投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責 投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責
田代 16 河合 22
今西 18 大竹 14
的野

【戦評】2回裏宇野(関東学院大)の適時打で関東選抜が先制。さらに3回,田形(立教大)と安藤(日本大)の連続適時打により4対0とリードを広げた。4回表にも九州選抜のエラーにつけこみ2点を加え,6対0とした。九州選抜は5回に宮本(熊本学園大),久保田(福岡大)の適時打により3点を返すも,6回に関東選抜が1点追加し、そのまま3対7で関東選抜が勝利した。関東選抜の効率のよい攻撃と、堅い守備が優勝に導いた。

IMG_3184

.

IMG_3139

.

関東選抜先発の河合投手

関東選抜先発の河合投手

九州選抜先発の田代投手

九州選抜先発の田代投手

2014/第32回全日本大学9ブロック対抗大会・決勝トーナメント(準決勝)

11月16日 舞洲ベースボールスタジアム 第1試合 試合開始9時 試合終了11時30分
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
関東選抜 0 0 0 0 0 0 X
(東海)  細江・加藤(大) ー 受川
(関東)  杉浦・向江 ー 小西
[二塁打]  大柳(東),竹林・安藤(関)
東海選抜 関東選抜
位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死 位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死
(9) 大柳 (4) 久保田 4 1 0 0 0
(4) 横田 (6) 松本 4 1 1 0 0
(3)・1 加藤(健) (5) 竹林 4 2 1 0 1
佐藤 (1) 3 0 0 0 0
H・5 永田 (DH) 荒波 2 0 0 0 0
(7) 鈴木 H・D 安藤 1 1 0 0 0
(8) 竹内 (9) 榛葉 3 0 0 1 0
(DH) 石原 (2) 小西 3 0 0 0 0
R 黒部 0 0 0 (7) 宇野 2 0 0 0 0
(2) 受川 4 0 0 1 1 H 田形 1 0 0 0 0
(6) 庄村 3 0 0 0 0 伊藤 0 0 0 0 0
H 福田 1 1 0 0 0 (8) 田中 3 0 0 0 0
37 30
投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責 投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責
細江 26 杉浦 22
加藤(大) 向江 15

【戦評】1回裏関東選抜の3番竹林(日本大)の二塁打で先制。その後両先発投手の好投により膠着状態が続いたが,6回表東海選抜の1番大柳(中京大)が二塁打で出塁後,3番加藤(愛知大)のヒットで同点に追いついた。7回裏代打の安藤(日本大)の二塁打により1点勝ち越し,9回表二死1・3塁のピンチを向江(早稲田大)が抑え,2対1で関東選抜が勝利した。最後まで結果がわからない緊迫した試合であった。

東海選抜 vs 関東選抜

東海選抜 vs 関東選抜

得点のチャンス

 

 

関東選抜の勝利

関東選抜の勝利

 

11月16日 南港中央野球場 第1試合 試合開始9時4分 試合終了11時38分
1 2 3 4 5 6 7 8 9
九州選抜 0 0 0 0 0 0
四国選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
(九州)  野口・川原・財前 ー 矢田・内野
(四国)  尾崎・森園・金城(裕) ー 桑島・石橋
[三塁打]  青佐・宮本(九)
[二塁打]  今林(九),植田(四)
九州選抜 四国選抜
位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死 位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死
(7) 高野 (8) 大城
(5) 青佐 (4) 伊藤
(3) 宮本 (3) 福田
(DH) 久保田 (5) 倉本
R・D 日高 (6) 金城(光)
(9) 中島 H 藤本
(4) 松岡
(8) 今林 R 桑原
(6) 森岡 (9) 黒河
(2) 矢田 河合
H 山口 (DH) 山本
R 御厨 H・D 河崎
内野 (2) 桑島
47 H 植田
石橋
(7) 三重野
34
投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責 投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責
野口 16 尾崎 22
川原 14 森園 3 1/3 18
財前 金城裕 1 2/3  7

【戦評】九州選抜は初回押し出しで先制。2回二死走者二塁で青佐(久留米大)の三塁打などで追加点を奪う。一方,四国選抜は植田(愛媛大学医学部)の二塁打で反撃したが,九州選抜の投手陣に1点に抑えられた。

 

 

2014/第32回全日本大学9ブロック対抗大会・予選リーグ戦(Cブロック)

11月15日 住之江公園野球場 第1試合 試合開始:8時57分 試合終了:10時58分
1 2 3 4 5 6 7 8 9
九州選抜 0 0 0 0 0
関西選抜 0 0 0 0 0 0 0
(九州)  田代・今西 ー 水田
(関西)  能塚・東川・越智・鐘ヶ江・村上 ー 中小路
[二塁打]  久保田2・中島・水田・森岡(九)
九州選抜 関西選抜
位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死 位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死
(DH) 河野 (7) 松岡
山口 (6) 大角
(7) 吉松 (2) 中小路
高野 (DH) 香川
(5)・3 宮本 (3) 岡本
(3) 久保田 H 松本(翼)
R・5 青佐 (8) 若間
(9) 中島 H 山口(翔)
(4) (9) 家門
(8) 今林 (5) 田中
(2) 水田 H 岡田
(6) 森岡 丸西
 計 42 12 H 山浦
R・5 倉井
福井
 計 33
投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責 投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責
田代 19 能塚 16
今西 14 東川
越智 2/3
鐘ヶ江 1 1/3
村上

【戦評】1対1の同点で迎えた7回,九州選抜は敵失と4番久保田(福岡大)の適時二塁打で一挙3点を奪い関西選抜を突き放した。その後1点を失うも6対2で逃げ切り,勝利した。

 

11月15日 住之江公園野球場 第2試合 試合開始:11時40分 試合終了:13時44分
1 2 3 4 5 6 7 8 9
関西選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
関東選抜 0 0 0 0 0 0
(関西)  佐川・山口(瑞)・壺坂・香川・村上 ー 松本(憲)・山浦
(関東)  中村・大竹 ー 小西
[本塁打]  松本(憲)(西)
[二塁打]  松岡(西) 宇野(東)
関西選抜 関東選抜
位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死 位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死
(4) 倉井 (9) 伊藤
(6) 大角 (6) 松本
(DH) 中小路 (5) 竹林
(3) 山口(翔) (3)
(9) 松岡 (DH) 安藤
 H 岡田 (H) 荒波
(8) 松本(翼) (7) 榛葉
H 家門 (2) 小西
(7) 佐藤 (8) 宇野
(2) 松本(憲) (4) 久保田
山浦 33
(5) 丸西
田中
35
投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責 投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責
佐川 中村 24
山口(瑞) 大竹 11
壺坂
香川
村上

【戦評】1点を追う関西選抜は5回,松本憲(同志社大)の本塁打で同点とするも,7回に関東選抜宇野(関東学院大)の適時二塁打と伊藤(國學院大)の犠飛で2点を勝ち越し,1対3で勝利した。

 

 11月15日 住之江公園野球場 第3試合 試合開始:14時20分 試合終了:16時41分
1 2 3 4 5 6 7 8 9
九州選抜 0 0 0 0 0 0
関東選抜 0 0 0 0 0 0 X
(九州)  的野・財前・野口 ー 内野・矢田
(関東)  谷・向江 ー 山路
[本塁打]  樋口(九)
[二塁打]  西田・久貝(九)
九州選抜 関東選抜
位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死 位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死
(9) 樋口 (8) 竹林
(6) 西田 伊藤
(3) 宮本 (5) 久保田
(DH) 久保田 (3) 田形
R・DH 森岡 (DH) 荒波
(5) 青佐  H・9 安藤
H・5 河野 (9) 榛葉
(7) 高野 守屋
(8) 久貝 宇野
(4) 日高 (2) 山路
H H・2 稲葉
(2) 内野 (7) 田中
矢田 (6) 立和田
H 山口 (4) 松本
40 10 34
投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責 投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責
的野 23
財前 向江 11
野口 12 河合
川原

【戦評】2対2の同点で迎えた3回,関東選抜は3番田形(立教大)と6番山路(法政大)の適時打と犠飛で2点を勝ち越し,2対4で勝利した。