2014/第32回全日本大学9ブロック対抗大会・決勝トーナメント(準決勝)

11月16日 舞洲ベースボールスタジアム 第1試合 試合開始9時 試合終了11時30分
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
関東選抜 0 0 0 0 0 0 X
(東海)  細江・加藤(大) ー 受川
(関東)  杉浦・向江 ー 小西
[二塁打]  大柳(東),竹林・安藤(関)
東海選抜 関東選抜
位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死 位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死
(9) 大柳 (4) 久保田 4 1 0 0 0
(4) 横田 (6) 松本 4 1 1 0 0
(3)・1 加藤(健) (5) 竹林 4 2 1 0 1
佐藤 (1) 3 0 0 0 0
H・5 永田 (DH) 荒波 2 0 0 0 0
(7) 鈴木 H・D 安藤 1 1 0 0 0
(8) 竹内 (9) 榛葉 3 0 0 1 0
(DH) 石原 (2) 小西 3 0 0 0 0
R 黒部 0 0 0 (7) 宇野 2 0 0 0 0
(2) 受川 4 0 0 1 1 H 田形 1 0 0 0 0
(6) 庄村 3 0 0 0 0 伊藤 0 0 0 0 0
H 福田 1 1 0 0 0 (8) 田中 3 0 0 0 0
37 30
投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責 投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責
細江 26 杉浦 22
加藤(大) 向江 15

【戦評】1回裏関東選抜の3番竹林(日本大)の二塁打で先制。その後両先発投手の好投により膠着状態が続いたが,6回表東海選抜の1番大柳(中京大)が二塁打で出塁後,3番加藤(愛知大)のヒットで同点に追いついた。7回裏代打の安藤(日本大)の二塁打により1点勝ち越し,9回表二死1・3塁のピンチを向江(早稲田大)が抑え,2対1で関東選抜が勝利した。最後まで結果がわからない緊迫した試合であった。

東海選抜 vs 関東選抜

東海選抜 vs 関東選抜

得点のチャンス

 

 

関東選抜の勝利

関東選抜の勝利

 

11月16日 南港中央野球場 第1試合 試合開始9時4分 試合終了11時38分
1 2 3 4 5 6 7 8 9
九州選抜 0 0 0 0 0 0
四国選抜 0 0 0 0 0 0 0 0
(九州)  野口・川原・財前 ー 矢田・内野
(四国)  尾崎・森園・金城(裕) ー 桑島・石橋
[三塁打]  青佐・宮本(九)
[二塁打]  今林(九),植田(四)
九州選抜 四国選抜
位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死 位置 野手 打席 安打 得点 三振 四死
(7) 高野 (8) 大城
(5) 青佐 (4) 伊藤
(3) 宮本 (3) 福田
(DH) 久保田 (5) 倉本
R・D 日高 (6) 金城(光)
(9) 中島 H 藤本
(4) 松岡
(8) 今林 R 桑原
(6) 森岡 (9) 黒河
(2) 矢田 河合
H 山口 (DH) 山本
R 御厨 H・D 河崎
内野 (2) 桑島
47 H 植田
石橋
(7) 三重野
34
投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責 投手 投回 打者 被安 奪三 与四 自責
野口 16 尾崎 22
川原 14 森園 3 1/3 18
財前 金城裕 1 2/3  7

【戦評】九州選抜は初回押し出しで先制。2回二死走者二塁で青佐(久留米大)の三塁打などで追加点を奪う。一方,四国選抜は植田(愛媛大学医学部)の二塁打で反撃したが,九州選抜の投手陣に1点に抑えられた。